ホークス速報

https://hawkssoku.blog.jp/

20210212s00001000085000p_view
1: 風吹けば名無し 2021/02/12(金) 06:40:31.80 ID:FiiBbRuzp
 【新様式キャンプリポート最前線】キャンプ地の宮崎入りした1月31日。新型コロナウイルス感染防止のためソフトバンクは日本一パレードを4年連続で行うことができなかった。宮崎市内で5万人が祝う恒例行事。担当記者として寂しかったが、仕方ない。工藤監督はキャンプにおける選手の行動に信頼を置いていた。

 「ホークスというのはしっかりとPCR検査を一番どこの球団よりもしていますし、そうしてきたことで選手の自覚も凄くある。あれダメ、これダメではなく、選手はしっかりやれているから絶対に外に出るなということではない。選手個々が自覚を持ってやってくれています」

 昨シーズン中は週4回のPCR検査。キャンプ中は休養日とその翌朝以外は毎日検査を受けている。ベテランの松田は休養日でも外出しない。一日中、自室にいて「熱男のお部屋時間をどう過ごすか四苦八苦している。だから、野球で元気が出せる」と笑う。自己管理が徹底されている。

 野球に打ち込むべく、対策も万全だ。生目の杜運動公園は無観客でも消毒液100本を置く。食堂は32人までの制限があり、テーブルは4分割にパーティションで区切られている。球団はロッカー滞在時間の短縮化の励行、A(1軍)、B(2軍)組の接触を避けることを最重要の球団指示として貼り紙に掲げている。

 宮崎県独自の緊急事態宣言は8日に解除され、自室の浴槽を使っていた選手は共同温泉の利用が可能となった。ただ、野手陣は1日1000スイングを小久保ヘッドコーチから課され、手は皮がむけてマメだらけ。2年目外野手の佐藤直は「ウォー!と叫びながら入っています」。がむしゃらに打ち込んでいる証だ。(ソフトバンク担当・井上 満夫)

【続きを読む・・・】

matuda
1: 風吹けば名無し 2021/02/09(火) 02:30:26.27 ID:6LUjt/fGa

【続きを読む・・・】

aaa


1: 風吹けば名無し 2021/02/06(土) 19:19:30.84 ID:Avi8kjdR0
10年以上、鷹のホットコーナーを守り続けてきた松田宣。
ポジションゆえに外国人長距離砲との競争に幾度もさらされるなど、重圧やストレスを抱えてきた。
恵理夫人「痛み止めを常備していますし、頻繁に熱発もします。
ですが、夫は異常があっても体温計すら握ろうとしません。自分から病院にも行かない。
病気の事実を知って弱気になること、言い訳をつくることを嫌がるんです。
痛くても『折れてる時は分かる。折れてなければできる』と言って…。
39度以上の熱があっても顔色一つ変えずに“熱男”をやっています」

家では鉄人のよろいを脱ぎ、素の自分を出す。すべてをさらけ出せる環境があるからだ。
恵理夫人「私は夫に『思うことがあったら家に持って帰ってきなさい』と言っています。
だから夫婦の会話の9割以上が野球の話。
調子が悪い時は2人で動画を見たりもします。寝言を聞けば分かりますが、いつも野球のことで頭がいっぱい。
突然『ごめん』『すいません』と謝る。夢でチームメートに謝罪しているんですね。
ずっと重圧を感じながらプレーしているんだろうと思います」


【続きを読む・・・】

matuda1
1: 風吹けば名無し 2021/02/07(日) 07:43:16.26 ID:2LMIW7vU0

【続きを読む・・・】

20170308_2_1
1: 風吹けば名無し 2021/02/06(土) 13:07:09.34 ID:Z5cSYH3n0
どうすんの?

【続きを読む・・・】

eca15510-s
1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/02/06(土) 07:24:49.66 ID:CAP_USER9
2/6(土) 5:15
東スポWeb

ソフトバンクの「熱男」松田に思わぬ悩み 休日は宿舎の浴場ハシゴしても日が暮れず…
ソフトバンク・松田(手前)の華麗な守備に、後輩リチャードもびっくり
 熱男にも悩みはある。ソフトバンク宮崎春季キャンプは5日から第2クールが始まり、ベテラン松田宣浩内野手(37)が精力的な動きを見せた。増田、リチャードとともにキャンプ初の特守を敢行。無観客のグラウンドに大きな声を響かせ、若手の元気のなさに「もっと〝来るやろな〟と思ったらそうでもなかった」と注文をつけた。

 元気爆発の背景には、今キャンプ初の休みとなった前日4日の苦悩があった。「熱男は今、お部屋時間に四苦八苦してます。その分、今日はグラウンドで発散してきました」と言う。

 新型コロナ禍にあって不要不急の外出はご法度だ。たとえ休日でもおとなしくしていなければならない。松田は「熱男のお部屋時間は苦痛でしかない。野球の日はこんなに早く(一日が)終わるのに。昨日とかホンマに時間が止まっているくらいエグかった。時が止まって、流れが止まっている感じ。今日はもう夕方なのに…」と漏らす。

 複数ある宿舎内の浴場をハシゴしても、一向に夜は来なかった。アクティブな熱男にとっては苦痛だったが、その分だけ野球への情熱、集中力がおのずと高まり、休み明けのこの日は練習に熱が入ったようだ。

 7年連続で受賞していたゴールデン・グラブ賞が昨年で途切れた。奪還に向けて「守備は数をこなさないと自信がつかない。どんだけやるか。明後日もやるつもりです」と鼻息は荒い。ソフトバンクはすでに今キャンプの全期間無観客実施を決めているが「打撃も守備も見られていない時間で『成長したい』という思いを秘めてやりたい」。お部屋時間を今後どう充実させるか…という難題は残るが、熱男にはピンチをチャンスに変えるたくましさがある。

【続きを読む・・・】

Matsuda-nobuhiro3
1: 風吹けば名無し 2021/02/05(金) 23:33:06.76 ID:xA+W6JCT0
>――数年前には「打順はともかく、ジャパンのサードは譲らない」と意気込んでいました。その気持ちは変わらないですか?

 いやー、24番目でいい(笑)。最後の1人でいいです(※編注:東京五輪・野球競技の選手登録は24名)。ギリギリの立場というのは僕が分かっていますから。


>――逆に言えば、三塁手不足と言われた日本球界の状況も変わりつつある?

 そうですよ。巨人の岡本(和真)とか、東京ヤクルトの村上(宗隆)くんとかが頑張っていますしね。数字はもちろん、長距離を打てるのがいい。魅力ある選手はいっぱいいますよ。強いて言うならば、僕は日本代表の旗手をしたいです!

【続きを読む・・・】

201908280000024-w500_0
1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/01/28(木) 12:01:23.02 ID:CAP_USER9
プロ16年目を迎えた松田宣浩内野手(37)の威勢がいい。ベテランになっても変わらない元気印の「熱男」。もっとも昨季は連続試合出場が815で止まり、ゴールデングラブ賞の連続受賞も7年でストップした。

 チームは成長株の栗原を三塁にも挑戦させる方針。取り巻く空気も変わりつつある中、松田は「自分の城は自分で守る」と三塁を死守する構えだ。プロ野球のデータを独自に収集、分析するDELTA(デルタ)の協力のもと「三塁松田」の現状と、今後を考えた。(構成=森 淳)

   ◇   ◇   ◇

 「ギータ(柳田)とホームラン数争いをしたい」と言うあたり、キャンプ前とはいえ順調ぶりがうかがえる。5月で38歳。老け込むどころか、ますます元気だ。栗原の三塁挑戦プランが浮上しても「そう甘いものじゃない。自分の城は自分で守る」と意地をのぞかせる。1年目からほぼ三塁一本。特に2015年以降は故障知らずで守ってきた。

 もっとも、昨季のゴールデングラブ賞投票ではパ・リーグ三塁手2位にとどまり、鈴木大(楽天)にトップを奪われた。二遊間で経験豊富な鈴木大が強敵なのは無理もないが、票数は141対88と差がついた。

 昨季は113試合守って7失策。打球処理で5個、自信を持つ送球で2個だった。守備率9割6分8厘は例年同様で、通算とも大きな差はない。全盛期に比べて衰えが指摘されていたのも事実だが、公式記録だけでは判然としない。


主な三塁手の昨季守備指標

 セイバーメトリクスではどうか。守備指標にはDPR(併殺完成による貢献)、RngR(打球処理による貢献)、ErrR(失策抑止による貢献)、それらを合計した総合指標UZRなどがある。それぞれ、その年の平均値(デルタでは12球団平均)との比較で算出される相対評価のため年ごとの相場もあるが、熱男も年を重ねるにつれ、RngRの低下傾向、つまり守備範囲が狭まっている傾向は否めない。デルタの集計では、特に三遊間の打球処理に苦しんでいるという。

 デルタによるデータ視点の守備ベストナイン「1.02 FIELDING AWARDS」の昨季選考では12球団の三塁手で4位だった。アナリストによっては球場ごとのゴロアウトの取りやすさも分析。二階堂智志氏がそれに基づいて補正したところ、松田のUZRはマイナスになったという。

 もっとも、年齢を考えればUZRは大健闘との見方だ。アナリスト大南淳氏は「基本的に守備力にもコンディションの良しあしが大いに関わってきます。足腰の故障などがあると、UZRは急激に低下することが非常に多い。そういった意味で、ベテランは休養を挟みつつ出場するのが守備力を保つポイントになっています」と言う。松田の昨季守備イニングは940回2/3。チームでは栗原の1032回1/3に次ぎ、全イニングの約88%を守っている計算。「ほぼフル出場を続けており、おそらくコンディションが悪い中での出場もあるのではないでしょうか」と続けた。
 栗原の三塁起用は一見、松田にとってデメリットが大きくても、ローテーションの形で機能するとすれば、シーズンを通して守備力を高く保つ上で有効かもしれない。なお、三塁のゴールデングラブ賞は2012年に宮本慎也(ヤクルト)が41歳11カ月で受賞。これが同賞全体の最年長記録でもある。パの三塁手は1993年石毛宏典(西武)の37歳が最年長。松田が返り咲けばパの記録を更新できる。

 ◆分析の詳細はデルタの運営するデータサイト「1.02 Essence of Baseball」のコラムで。

1/28(木) 11:53配信


成績

【続きを読む・・・】

1: 風吹けば名無し 2021/02/03(水) 15:43:15.43 ID:thF58NlH0
no title

【続きを読む・・・】

キャプチャ


1: 風吹けば名無し 2021/02/03(水) 12:57:48.07 ID:iXzV25810

【続きを読む・・・】

0c10
1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/01/25(月) 15:30:00.37 ID:CAP_USER9
ソフトバンク・松田宣浩内野手(37)が25日、福岡県・久留米市内で自主トレを公開した。プロ16年目のベテランは、仕上がり具合にしっかりと手応え。昨季29本塁打を放った柳田悠岐外野手(32)に、力強い挑戦状だ。

 「個人的にはギータ(柳田)ともう一度、ホームランの競争がしたい。大きなテーマを掲げて2021年をスタートしたいと思うし、チーム内でそういうライバルがいると競争も刺激になるので。絶対に負けたくない思いでバットを振っていきたいと思います」

 昨季は116試合に出場して打率・228、13本塁打、46打点。連続試合出場も「815」で止まり、29本塁打の柳田に倍以上の差をつけられた。柳田が初めて規定打席に達した2014年以降、シーズン本塁打で2人は4勝3敗と松田が勝ち越している。「『勝負』という言葉を掲げてやってきた。今年は全試合に出たい思いがあるので」とまだまだ厚く、高い壁であるつもりだ。

 今季からはヘッドコーチとして小久保裕紀氏が入閣した。侍ジャパンでは監督と選手という間柄だった。前日24日にペイペイドームで顔を合わせたといい「『よろしくお願いします』といいました。緊張しましたけど、必ずホークスをV5の力になると思うので」。ミスターホークスの復帰を力に変えて、まだまだホットコーナーに君臨する。

1/25(月) 15:00

【続きを読む・・・】

resized_1x1_f915b247e9
1: 風吹けば名無し 2021/01/31(日) 13:51:25.47 ID:Q/Vn4fWf0
若手の時は守備がめちゃくちゃ下手だった

【続きを読む・・・】

20190906_matsuda_fk-560x373
1: 風吹けば名無し 2021/01/25(月) 06:43:12.66 ID:J55wGIj00
ほんまか?

【続きを読む・・・】

このページのトップヘ