xxx


2021シーズンの韓国プロ野球KBOリーグで最も活躍した選手に、元福岡ソフトバンクホークスの投手アリエル・ミランダ(32、斗山ベアーズ)が選ばれた。

韓国野球委員会(KBO)は11月29日、ソウルのインペリアルパレスホテルで開催した「2021新韓銀行SOL KBO授賞式」で、ミランダをMVPに選出した。

MVPは規定イニングまたは規定打数を満たした選手、または個人部門別10位以内の選手のうち、投票を通じて1位から5位までの点数を合算して選定する。

ミランダは投票の結果、588点を獲得してMVPに輝いた。

2位は元中日ドラゴンズのイ・ジョンボムの息子で今季首位打者を受賞したイ・ジョンフ(23、キウム・ヒーローズ)で329点、3位はカン・ベクホ(22、KTウィズ)で320点、4位は元阪神タイガースのオ・スンファン(39、サムスン・ライオンズ)で247点、5位はチェ・ジョン(34、SSGランダース)で104点だった。

今季に斗山(トゥサン)に加入したミランダは、28試合に出場して14勝5敗を挙げ、225奪三振の防御率2.33を記録。奪三振と防御率の2部門で1位となり、投手部門2冠を達成した。

ミランダはMVP受賞に際し、「まずは1シーズン活躍できる健康な体をくださった神様に感謝し、2番目に僕を遠くから応援してくれる家族に感謝の挨拶を伝えたいし、3番目には個人トレーナーのネスト・モレノが、僕が良い成績を出せる基盤となってくれて感謝しています。最後に、韓国プロ野球でプレーできる機会を与えてくださった斗山ベアーズと、お世話になったすべての方に感謝の言葉を伝えたいです」と伝えた。

斗山所属の選手としては2019年のジョシュ・リンドブロム(34)以来2年ぶりで、歴代8人目のMVP受賞となった。


【続きを読む・・・】

xxx


 元ソフトバンクで、今季は韓国プロ野球KBOリーグの斗山ベアーズでプレーしたアリエル・ミランダ投手が、シーズンで最も活躍した投手1人に贈られる韓国版の“沢村賞”「チェ・ドンウォン賞」を受賞した。昨年は現在阪神でプレーするラウル・アルカンタラ投手(当時斗山)が受賞するなど、4年連続で外国人の受賞となった。

「聯合ニュース」などの韓国メディアが伝えている。ミランダは2018年のシーズン中にマリナーズからソフトバンク入り、2年間で13勝を挙げた。2019年オフに放出され、昨年は台湾の中信兄弟に所属した。今季斗山入りすると、リーグトップの防御率2.33、225奪三振を記録、14勝も4位タイという大活躍。225奪三振は、1984年のチェ・ドンウォン氏の記録を更新する、シーズン奪三振の新記録となった。

 報道によれば、選考委員会はミランダの受賞について「奪三振記録の更新が大きく影響した」としている。またミランダは「斗山のユニホームを着て、韓国の大投手チェ・ドンウォンの記録を更新できたのは光栄だ。ともに候補に上がった投手たちにも拍手を贈りたい」とコメントした。受賞候補には史上初めてリリーフ投手としてオ・スンファン(元阪神)もノミネートされていた。

 また、聯合ニュースによれば、ミランダは14日に開幕する韓国シリーズの出場メンバー入りした。レギュラーシーズン終了後は肩の疲労を理由に実戦から離れてきたが、大舞台でさらなる活躍を見せられるだろうか。


【続きを読む・・・】

xxx


1: 風吹けば名無し 2021/10/13(水) 07:21:44.00
2020 CPBL(台湾リーグ)
25試合 防御率3.80(3位) 10勝(3位) 8敗 156.1回
170奪三振(3位) 60与四球 WHIP1.34 WAR3.57(4位)

2021 KBO(韓国リーグ)
25試合 防御率2.30(1位) 13勝(4位) 5敗 156.1回
204奪三振(1位) 53与四球 WHIP1.11 WAR6.31(1位)

韓国リーグでの奪三振ショー↓

【続きを読む・・・】